観音堂修復へのご寄付のお願い

観音堂修復への願い

解体前の観音堂拝殿部分
東側から見た拝殿と本堂

現在の観音堂は、昭和27年に拝殿部分が茅葺屋根の維持が困難であるため解体されています。

もともとは古写真にあるように、本堂前に大きな拝殿が付随していました。

また、残った本堂部分も長年の風雨で茅葺き屋根や建物全体の痛みが進んでおり、一刻も速い修繕が望まれています。

観音堂本堂の維持修復と解体された拝殿の復元が、かつての村上藩主の祈願寺であり、仏海上人の功徳にも報いる観音寺の使命とも考えております。

皆様からのご寄付を心よりお願いいたします。

復元図